鹿児島市久保泌尿器科クリニック−前立腺肥大,前立腺がん,尿路結石症,性器脱,尿失禁(尿もれ)頻尿,膀胱がん,腎がん,包茎、生活習慣病などの治療・相談

 
 
 

 

HOMEページ
手術件数更新
平成19年6月11日の開院から10年間(平成29年12月31日迄)の手術数を集計致しました。

TUR−P(経尿道的前立腺切除術・肥大症の手術)  184例
TUR−BT(経尿道的膀胱腫瘍切除術/電気凝固を含む)   215例
TVM(膀胱脱・子宮脱・直腸脱手術−経膣メッシュ法)   173例
尿道ステント前立腺部尿道拡張術   76例
尿失禁防止手術(TOTスリング手術、コラーゲン注入手術)   59例
前立腺悪性腫瘍手術(前立腺がんの手術)   48例
膀胱結石摘出術 (経尿道的手術)   56例
経尿道的尿管ステント留置術   43例
経尿道的尿路結石除去術   40例
尿道狭窄内視鏡手術または拡張術   31例
経皮的腎(腎盂)瘻造設術(PNS)    11例
膀胱瘻造設術   11例
腎(尿管)悪性腫瘍手術(腎がんや尿管がんに対する腎・尿管全摘術)  11例
経尿道的尿管狭窄拡張術   5例  
包茎手術   80例
精管切断術(パイプカット)   63例
その他 
  交通性陰嚢水腫手術・ 単純腎摘出術・腎嚢胞穿刺術・精巣摘出術
  精巣悪性腫瘍手術・精巣上体摘出術・膣壁嚢腫切除術・卵巣部分切除術
  皮下腫瘍摘出術・外尿道口切開術・外尿道腫瘍切除術
  膀胱周囲腫瘍切開術・経尿道的ステント抜去術など    123例
                                          合計1229例

2018/01/11

LOH症候群
LOH(late-onset hypogonadism)症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)はいわゆる男性更年期障害のことです。全身の疲労感や倦怠感、性欲低下、ED(勃起障害)、不眠、肩こりなど、精神的には気力の衰え、集中力の低下、イライラ、抑うつなど様々な症状を呈します。うつ病と類似の症状がみられます。問診と採血で診断します。男子ホルモン(テストステロン)補充療法が適応の場合2〜4週ごとに注射による治療を行います。男性ホルモン補充療法の適応は、血中遊離テストステロン値が8.5pg/ml未満の場合です。この治療のの副作用には多血症、睡眠時無呼吸症候群の悪化、まれではあるが肝障害などがありますのでときどき採血を行い副作用がおこってないかを検査する必要があります。。男性ホルモン補充療法により前立腺癌の発生が増加したという報告はありませんが、一般に前立腺癌の腫瘍マーカーである前立腺特異抗原(PSA)が2ng/ml以上では男性ホルモン補充療法は行いません。必要であればバイアグラ、レビトラ、シアリスなどを処方します。また補中益気湯が有効な場合もあります。LOH症候群の男性は男性ホルモンが高い男性よりメタボリックシンドロームの発症リスクが約3倍高いという報告もあり生命に関わりますのでLOH症候群の治療は大変重要です。


2011/05/14

肺炎球菌ワクチン接種のお知らせ
肺炎球菌ワクチン接種(ニューモバックス)のご予約を受け付けております。

■料金 7,000円

肺炎球菌ワクチンは 、「肺炎予防」や「肺炎になっても軽症ですむ」といった効果があり、1回接種で約5年間効果が持続します。

次のような方に、ワクチン接種をおすすめします。
・高齢者の方(65歳以上)
・腎不全や肝機能障害のある方
・心臓や呼吸器に慢性疾患がある方
・糖尿病の方
・養護老人ホームや長期療養施設などの居住者

ワクチン数に限りがありますので、接種ご希望の方はお電話または外来受付までご予約をお願い致します。
2010/05/13

前ページTOPページ次ページ


 

HOME尿失禁膀胱瘤・子宮脱前立腺肥大症PSA・前立腺がん尿に血が混じる泌尿器疾患包茎・パイプカット生活習慣病

院長紹介医院概要お知らせお問い合わせ

久保泌尿器科クリニック 〒891-0141 鹿児島市谷山中央6丁目17-30