鹿児島県霧島市隼人町の医療法人健優会 吉玉リウマチ・内科クリニック−
 リウマチ・膠原病をはじめ、生活習慣病などの診療を通じて地域の健康を創造します。

当クリニックは、原則として予約制となっております。あらかじめご了承ください。

 

土曜日の診療時間が午後5時までになりました。(平成24年1月~)

 

毎月、主に第3土曜日に鹿児島赤十字病院のリウマチ専門医の先生が診察を行っております。

 

吉玉リウマチ・内科クリニックはEBMを実践します 診療内容の詳細についてはこちら

リウマチ・膠原病は早めの診断・治療がポイント

*

関節リウマチは膠原病の一種で、関節や骨、筋肉などの運動器に痛みや炎症を起こす病気です。およそ人口200人に一人の割合で発症すると考えられ、日本では約60万人の患者がいると言われています。
特に女性に多い病気で、その比率は約1:3あるいは4とされ、発症年齢は30才代から50才代と働き盛りのころに多いのが特徴です。
発症のメカニズムなどまだ解明されていない部分も多い病気ですが、薬による治療法も進歩を見せており、何といってもいち早い診断、治療が有効です。

薬による診断が格段の進歩を見せています

*

リウマチの治療目的としては、(1)関節の痛みやこわばりの抑制(2)炎症の抑制(3)関節機能の維持・強化→関節機能の改善(4)関節の変形・強直の予防 といったことになりますが、最近では各種抗リウマチ剤、免疫抑制剤、生物学的製剤などのさまざまな薬剤が開発され、患者さんの痛みや炎症を抑制し,関節の破壊や変形を進行させない効果が期待できるようになっております。
まずは、医師とじっくり今後の治療法について語り合い、ベストな選択をされることが重要です。

吉玉リウマチ・内科クリニック院長 吉玉 珠美
患者さんが前向きに病気と向き合えるような希望を提供すること。それが私たちの使命です。院長 吉玉 珠美
  • 日本リウマチ学会リウマチ専門医
  • 日本内科学会内科専門医
  • 医学博士